父の日とは

母の日と同様にして、お父さんに感謝しなければならないのは、「父の日」です。ただし、みなさんも思っているのでしょうけど、母の日より、インパクトがなく、母の日には、お母さんにいろいろプレゼントを考えるものの、父の日はほとんどスルーという人たちも多いようです。

もちろんお父さんにだって、感謝する気持ちは大事です。父の日の由来を知って、お父さんに感謝する気持ちをもっと強めてみましょう。

【父の日の由来】

父の日といえば「6月の第3日曜日」ということです。しかし、何で父の日は「6月の第3日曜日」なのでしょうか。母の日のスタートは、アメリカからはじまったと言われています。母の日が制定された頃、もう既に、母の日が存在しているのに、何で父の日が存在していないのかという疑問を持つ人たちは多くいたと言います。当たり前と言えば当たり前のことですが。

ワシントン州に住んでいたジョン・ブルース・ドットという夫人が、1909年のことですが、母の日があって父の日がないのはおかしいということを強く主張して、牧師協会へ嘆願したといいます。 ジョン・ブルース・ドット夫人がそのような強い姿勢で、父の日をアピールしたことには理由があったと言われています。

ジョン・ブルース・ドット夫人のお父さんのウイリアム・ジャクソン・スマート氏は、北軍の軍人でした。Sergeantであり、日本で言えば軍曹の階級です。 1861年4月12日には、南北戦争がスタートし、まさにアメリカ人の悲劇がスタートします。南北戦争は1865年4月9日に終了しますが、その間、ジョン・ブルース・ドット夫人のお母さんが、女一人で、一家を支えていました。お母さんも、疲労でボロボロになってしまい、お父さんが復員してすぐに亡くなってしまいました。

そこから、今度は、お父さんの苦闘の日々が続きます。 男の子5人と女の子が1人の子供がいて、男手ひとつで育てて行くのは、お母さん以上に大変だったかもしれません。お父さんは、再婚をする気持ちもなく、生涯独身を貫き通したということです。

そんなお父さんに感謝する気持ちから、ドット夫人が嘆願して、アメリカ合衆国第28代大統領ウイルソン氏の頃、1916年には父の日が認知されるようになったと言われています。1966年、アメリカ合衆国第36代大統領リンドン・ジョンソンは、父の日を称賛する大統領告示を発して、6月の第3日曜日を父の日とします。

1972年(昭和47年)には国民の祝日となり、それは、父親を尊敬し、称え祝う日です。母の日には、多くの人たちがカーネーションをプレゼントしますが、父の日の場合は、ドット夫人が、父の日に白いバラを供えたことより、バラとされています。

カーネーションの場合も、亡くなった人と健在な人たちを区別したように、亡くなったものには白いバラ、健在な方々には赤いバラが定着することになります。アメリカの父の日の由来のエピソードを知り、みなさんはどのように感じたでしょうか。何か、母の日のコピーみたいと思った人たちも多いでしょう。

しかし、それでいいのではないでしょうか。つまり、母の日が存在しているのに、父の日が存在しないのは、誰が見たっておかしいという思いはあり、父の日はコピーだとしても必然的に登場したものと考えることができます。

父の日が、正式に国の記念日として制定されたのは1972年のことということは、父の日は結構新しい記念日という感じもあります。

【日本においての父の日の由来】

父の日は6月の第三日曜日ではす。日本の父の日もアメリカから伝わって来ました。アメリカの父の日の制定までは結構時間がかかったようですが、日本に対しては、アメリカ以上です。実際に、日本において父の日が定着したのは、1980年になってからとも言われています。その間に、母の日だけ祝うモードがそれぞれ国民に作られてしまったのかもしれないですよね。

【父の日に、何をプレゼントすればいいの?】

未だ、父の日にバラをプレゼントするというのもあまり定着していないようです。しかし、お父さんに感謝する気持ちがあれば、あえてバラに拘りを持っていない感じの方がいろいろなプレゼントを選択出来て、自分らしいお父さんへの感謝の仕方を出来るのではないでしょうか。

そもそも、なんで母の日には、お母さんを感謝する気持ちがあって、お父さんを感謝する気持ちはないのでしょうか。お母さんは、子供たちの側で、一生懸命頑張っている光景を目の当たりにしていますが、お父さんは、会社で好き勝手なことをしていると思われているのでしょうか。もちろん、それは大間違いです。

父の日にプレゼントして嬉しいのは、ビジネス戦士としていつも格好よく働いてもらうためにネクタイではないでしょうか。しかし、最近では、ノーネクタイの会社も増えて来て、ちょっとネクタイの主導権も落ちてきたかもしれません。

父の日に、お父さんにお花というのも結構お父さんも嬉しいと思っているのですよ。そのときは母の日同様にメッセージカードを一緒に添えてプレゼントしましょう。