Menu

インカムのメーカー

インカムが欲しいというとき、みなさんはどのようなブランド・メーカーに注目しているのでしょうか。最近では、いろいろなメーカーからインカムが販売されているので、選択肢があっていいこととも言えますが、何を選択していいかわからない難しさもあります。

でも、だからインカムを利用しないというのではなく、バイクでツーリングに行けば、バイク乗り同士の会話は走行中でもインカムを使って話しをすることができたりし、一度、インカムを利用してみてどんな感じなのか実際に確認してみてはいかがでしょうか。

【B+COM 6X】

インカムの王道ブランドといえば、B+COM 6Xでしょう。ビーコムブランドが圧倒的に支持を得ているインカムです。音質がいいということでもかなり定評があります。6XはBluetooth通信を2つ備えていて、音楽と会話が同時に可能になりました。

BGMを聴きながら話せるって結構素敵なことではないでしょうか。以前のタイプでは、どちらか1つの通信しか出来なかったので、よりいろいろなインカムの利用方法について考えることができます。

そして、以前のタイプでは、4人で会話していた場合には、3人目だけが途中で抜ければ4人目も切れてしまうメカニズムだったのですが、新しいタイプは、切れないような機能が備わっています。

【SENA 30K】

SENA 30Kというのも多くの人たちが支持しているインカムブランドです。このインカムは、大人数でも会話ができ、他社とはちょっと違うアフターパーツなども出ています。

ダイヤル操作がしやすい設計で、使用感もなかなかいいです。最大16人までの会話をすることができる機能も備わっています。まさに、史上最多インカムと言っていいでしょう。

【デイトナクールロボイージートーク3】

三大ブランドといえば、・アイコム・八重洲無線・KENWOODとも巷から声が聞こえて来ますが、まだまだいろいろな企業がインカム製造で頑張っています。

デイトナもただいまインカムメーカーとして非常に注目されている企業のひとつです。デイトナクールロボイージートーク3がおすすめです。

接続は2台だけで通信距離は、200メートルということでタンデム用途にはこのようなインカムがいいのではないでしょうか。

性能はそこそこ期待でき、価格が安いのがこのインカムの大きな魅力です。この価格で、音楽やナビ音声との併用機能もついていて使用して大満足です。 インカムには、コスパを追求することもとても大事です。