Menu

インカムとは

インカム需要が段々と高くなって来ていますが、まだインカムがなにかわからないという人たちもいるのではないでしょうか。

一方でトランシーバーがあります。トランシーバーを有効的に利用している人たちもいますので、インカムとトランシーバーの違いもある程度明確にしておく必要があります。

【トランシーバーとは……?】

会社や施設内で手軽に情報のやり取りしたいというのならインカムがいいでしょう。しかし、まだ実際に多くの人たちが無線機に対して馴染みを持っている訳ではありませんので、どのようなモノを利用していいかわからないと言う声が多くあります。

トランシーバーは電波を使って人と話すための無線機のことです。 トランシーバーという名前は、送信機・トランスミッションと受信機・レシーバーの英単語の組み合わせで誕生した言葉です。

受信と送信の機能がしっかりそなわっているモノに対して、トランシーバーと言っていいでしょう。

【インカムとは……?】

インカムは、「インターコミュニケーションシステム(内線通話機器)」を短くしたものであり、 いままではメインとして、コンサートホールなど特定の場所に設置された内線用の通信装置として使用されて来ました。

インカムとは、もともと内線として使われる、ヘッドセット付きのトランシーバーのことをいい、トランシーバーと何が違うのかといえば、トランシーバーにヘッドセットをプラスαしたものと考えればいいです。

実際に、インカムとトランシーバーなにが違うか大きな区別もそれほどする必要はなく、電波で他人と情報をやり取りするという基本的な機能は同じであり、結構トランシーバーとインカムの区別なく、販売やレンタルされているケースが多くあります。

【インカムとトランシーバーの共通部分】

実際にインカムとトランシーバーとでは共通部分もたくさんあります。ワンプッシュで会話できるのが、インカムとトランシーバーの特徴です。

トランシーバーとインカムには、 音声の受信と送信の二つの機能しかなく、 本体のボタンを押しながら話すことで同じチャンネルでつながっている全員に話しを伝えること可能です。

受信する際は、電源が入ったままチャンネルをあわせてあれば、操作することなく受けることができ、インカムとトランシーバーは、操作が簡単にできることが強みと言っていいでしょう。

さらにインカムとトランシーバーでは、基本一度に一人しか話すことができない機能です。スマートフォンのように、同時に話すということが出来ないため不便と感じる人たちもいるかもしれませんが、 情報伝達のスピードは、交互に話すほうがより高いとも言われています。

トランシーバーやインカムは電波法によって、 最大30秒までしか話せないという特徴を持っているので 内容を端的に話すという必要があります。

トランシーバーは、話すときも聞くときも手に持って使うことになるため、どうしても片手がふさがってしまうことになりますが、インカムの選択肢だったら、ハンズフリーで気軽にやりとりをすることができます。

更にインカムの疑問についてお話ししましょう。